サイトマップ
DEARIE >> アロマテラピー >> アロマテラピーの楽しみ方 − バス・トリートメント編

アロマテラピーの楽しみ方 − バス・トリートメント編

精油を使用しての入浴やオイルでのタッチングで、筋肉を暖め緊張をほぐし、早めに体の不調を 取り除きましょう。以下に方法を載せていますので症状に合う精油を使用してみてください。

芳香浴

芳香拡散器に1〜5滴落として使用しますお部屋の広さに応じて加減してください)。 手軽なのはティッシュに1〜2滴落として使用するの方法です。 私はオレンジやレモンなどの爽やか香りをティッシュに落として車のダッシュボードに置いて 香りを楽しみます。車の匂いも一掃して一石二鳥といったところです。

温湿布

急性的なトラブルには冷湿布、慢性的なトラブルには温湿布が効果的です。 洗面器に水(急性=冷湿布)、または適温のお湯(慢性=温湿布)を張り、目的に合った精油を3滴落とし、タオルに含ませ 軽く絞って湿布する部位に当てます。

沐浴(全身浴)

お湯の温度は少しぬるめで、浴槽に5滴以下の精油を落として湯をよくかき混ぜてからつかります。
香りを楽しみながらゆっくりと汗をかくことでリフレッシュします。

沐浴(半身浴)

お湯の量はみぞおちがつかる程度で、浴槽に3滴以下に精油を落として湯をよくかき混ぜてからつかります。
上半身にタオルをかけるなどして冷やさないように注意してください。

部分浴(手浴)

洗面器にお湯を張り3滴以下の精油を落としてよくかき混ぜます。 両手首までを浸して香りを楽しみながら温めます。
パソコンで長時間作業した後や、冬場の水仕事後に行うとリフレッシュします。

部分浴(足浴)

大きめの洗面器またはバケツに半分くらいのお湯を張り、3滴以下の精油を落とします。 よくかき混ぜたら両足首までを浸します。
病気でお風呂に入れない時、夏場の汗をかいた後や冬場冷えてしまった時などに行うととても気分が良くリフレッシュします。

トリートメント

まずはパッチテスト(※1)を行い、異常がみられなかった場合に行ってください。 ブレンドオイル(※2)を手に適量取り、トリートメントしたい部分に薄くのばします。 尚、皮膚にトラブルが生じた場合には使用を中止し、オイルを大量の水で洗い流してください。 必要に応じて皮膚科の診療を受けてください。

※1 パッチテスト − 前腕部の内側に適量を塗り、24〜48時間放置します。皮膚にかゆみや炎症がみられないかを確認します。 異常がみられた場合は大量の水で洗い流してください。
※2 ブレンドオイル − 精油をキャリアオイル(植物油)に混ぜたものをいいます。 希釈濃度によって入れる精油の量が変わってきます。 0.5%濃度ではキャリアオイル10mlに対して精油1滴、1%濃度ではキャリアオイル10mlに対して2滴となります。







Copyright 2004-2007 dearie.jp All Rights Reserved.