サイトマップ
DEARIE >> ガーデニング >> トマト

トマト

発芽適温:20〜30℃   生育適温:20〜30℃
種まき・定植の時期 2月中旬から3月中旬頃、ポリポットに3〜4粒まいて発芽適温を保つように管理して育苗し、 晩霜の心配がなくなる5月になってから深植えにならないように定植します。
定植する苗は一段目の花房が咲いたころに植え付けます。 トマトは果房が同じ方向につくので通路側に向けて植えると管理がしやすくなります。
畑づくり 植えつけの2週間くらい前に1u当たり苦土石灰200gほどを全面に散布しよく耕します。
1週間前に元肥として1u当たり堆肥3〜4s、化成肥料2握りを30〜40cmの深さの溝に施し、土を戻して畝をつくります。
栽培管理 株元から10cmくらい離して1.5m程の支柱を立てます。茎が伸びてきたら紐で8の字誘引をします。このとき茎が育つ余裕を残しておきます。
主枝は5〜6段花房まで伸ばし、最上段の花房の上の葉2枚を残して摘芯します。わき芽はウイルス病を防ぐためにハサミを使わず手で摘み取ります。 裂果を防ぐためには雨よけのカバーを使用すると良いでしょう。
収穫 十分に色づいたら収穫します。

2006.03.09 種まき
保温設備のある広い場所がないので、イチゴが入っていたパックに種まき専用土を敷き、発芽させてからトレーに移植する方法をとります。
常に室内の暖かい場所に置き、土が乾燥しないように気を配ります。

品種は麗夏(大玉)・アイコ(ミニトマト)・外国の品種(ミニトマト)。 外国の品種は購入してから年数が経っているので発芽するかは不明ですが、育てばオレンジ色のミニトマトができるはず。楽しみです。
2006.03.15 発芽
種まきから1週間後、アイコ・麗夏の順に発芽しました。
どちらも7割近く発芽したのですが、外国品種だけ発芽率ゼロ。古い種だったので発芽は望めないかも知れません。
発芽したアイコ 発芽した麗夏



Copyright 2004-2007 dearie.jp All Rights Reserved.